Global Life Studies

お役立ちワークショップ

自分探し塾

参加者の声

応援メッセージ

GLSフォーラム

GLSについて

Pacific Gateway

PG日本語ホームページ


GLSフォーラム

7.19.2006

言ったもん勝ち

皆さんはじめまして。こんにちは。かとう さとこといいます。
パシフィック・ゲートウェイのシドニー校で働いています。

オーストラリアに住んでから5ヶ月が経ったのですが、こちらの生活に慣れたのかどうなのか、未だによく分かりません。長期の海外生活が初めてなもので、今でこそアパートに1人で住み、銀行口座や携帯も持って、お給料も毎月もらって現地の人に同化しているように見えますが、なんとなくまだ新参者の感覚です。おそらくまだ自分を適応させている最中のせいだと思います。

さて、異文化コミュニケーションに興味のある皆さんがこのGLSのサイトにアクセスしているかと思いますが、私が最近経験した異文化体験を披露したいと思います。といっても大した話ではないかもしれませんが。

私は先々週の水曜日、オーストラリア人のダレン・ヘイズという人のコンサートを観にオペラハウスまで行って来ました。元々サベージガーデンというデュオを90年代に結成していた人で、今はソロで活動しています。サベージ・・・時代は世界で2000万枚もCDを売り上げたにも関わらず、意外と身近にファンの人がいないので、1人で行って来ました。

私が予約していた席は1階席の40列目、左はしっこ。予約したのがぎりぎりだったので、はしっこも仕方ないかと思いましたが、開演前に座ってみると、左前に陣取ったカメラマンが私の視界を邪魔しているではありませんか。どうしようと少し悩みましたが、係の人に「あのカメラマンの人にずれてもらうのではできないでしょうか」と恐る恐る聞いてみると、「それは難しいけど、チケット売り場に行けば空いている席に替えてもらえるかもしれないよ」とのこと。

早速売り場に行って聞いてみると、今度はそこの窓口の人が「2階席の○列目なら空いていますが・・・2階席といっても1階と同じ値段ですし・・・もし気に入らなければ返金もできます」とかなり納得のいかない返事。

そこで私は粘りました。「2階席ねえ・・・そんな場所を見もしないで決められないですよ。返金もいらないし。どちらも嫌です。」するとその担当の人がマネージャーのような人に掛け合ってくれ、「ではこの非常用にとっておいたチケットをあげますから、これで納得してもらいましょう。1階席の16列目の真ん中です。最初の場所よりずっといい場所ですよ。」と。にこにこしながら「もってけドロボー」的な嬉しい答えでした。

さすが天下のオペラハウス!おかげで私は少し得しちゃいました。ダレンの歌声も最高。CDよりやっぱり上手いなー、来て良かったなーと思いました。開演前に我慢して元の席に座っていたらおそらくこんな思いにはなれなかったでしょう。

この経験は、「だめもとでもいいから聞いてみよう。要求を言ってみよう。」というこの国の鉄則みたいのを実感する出来事となりました。失礼な言い方さえしなければ、とりあえず耳を貸す、ということもこの国の聞く側の常識にもなっているかもしれません。

言わなきゃ通用しない、そこは日本人として苦労するところですが、言ったら聞いてもらえる、そんな可能性をもっと利用すべきなんでしょうね。

徐々にではありますが、そんな感覚に慣れていけばオーストラリアの住人と実感できるのかなーなんて思います。

2 Comments:

Anonymous Anonymous said...

PGバンクーバー校のともこです。

そうですね-。”だめもとでもとりあえず言ってみる”という姿勢は、とても大切だと思います。バンクーバーに住んでいて、ひしひし感じます。
私の最近の”言ってみにゃ損!”体験。

先週の日曜日、フィッシュ&チップス
(鱈のフライとポテト)を夕食に買ってテイクアウトをしました。 フィッシュ&チップスと、タルタルソースを注文。
家に帰って、袋を開けてみると。。。
タルタルソースが入っていない!

そこで、私はお店に電話。
私「先程、テイクアウトしたものですが、
タルタルソースを注文したのに袋に入っていませんでした。」

店の人「それはすみません。今から取りに来ていただいてもいいし、後日、レシートを持ってきてくれればタルタルソース代返金いたします。」と言う回答。

(店の非を認めているだけまだいいほうだわ
と思いつつ。。。)

私「タルタルソース無しでは、フィッシュ&チップス食べれないので、今から取りに行きます。」

そして、だめもとで、次の一言。

「今からそちらへ(わざわざ)行かないといけないので、フィッシュを一つ無料でつけてください。」

店の人「はいわかりました。」

また車を運転し、お店へ向かう。

ドキドキしながらドアを開けると、
お店の人が「ごめんなさいね。フィッシュ一つ入れとくから。」 と本当にくれました。

こっちからお願いしてみなければ、絶対フィッシュなんてくれなかったから、言ってみるもんだなと思ったのでした。

10:09 a.m.  
Anonymous Sammy Takahashi said...

英語の文化圏では鎖国が長い間続いた日本のように「言わなくてもわかる」とか「以心伝心」などという概念は通用しません。英語には"A squeeky wheel always gets greased."ということわざがあります。これは「要するに文句を言わないと状況は何にも変わらない。」ということです。ダメもとで何でもちゃっかり言ってみるものですね。
それがこちら流のやり方です。それでは
Don't be afraid. Good luck!

11:46 a.m.  

Post a Comment

<< Home